2022/12/13 00:00

 
好きなもので満たされている景色をつくるコレクションケースの存在は、自分らしくいられるささやかで濃密な空間。

ガラスのアールはゆるやかに空間を広げ、ジュエリーや時計など愛用のコレクションをやさしく包み込みます。内底面はコレクションを傷つけない布張仕上げ。オプションケースを重ねて、収納スペースを増やすこともできます。

コレクションが映える継ぎ目のないガラス扉は、国内でも数少ない曲硝子職人の独自技術によるもの。硬質な板ガラスに約6時間730℃の熱を加えることで、ガラスの自重を利用した自然な曲面に仕上げています。

釘やネジを使わずに無垢板を組み上げた端正なケースは、高い技術を持つ指物職人ならではの手仕事です。三面鏡と同じ、イタヤカエデの縮み杢の共木を使いました。

“profile” showcase コレクションケース のオンラインショップページはこちらから